歯科用CT検査の重要性|大阪京橋駅の歯医者|京橋オレンジ歯科クリニック

〒534-0024 大阪府大阪市都島区東野田町1-21-11

トピックス TOPICS

歯科用CT検査の重要性



「最近、CT検査をする歯科医院が増えているけど、歯なんてレントゲンで十分じゃないの?」

「軽い歯科治療でもCT撮影をするのはなぜ?」


歯科用CTは歯や顎を立体的に撮影する機器です。歯科用CTを用いて精密検査を行うことで患者様ごとに異なる歯や顎の形を立体的に撮影でき、治療の安全性・正確性を高められます。


今回は「歯科用CTを用いた検査の重要性」についてご説明いたします。


■歯科用CTの特徴・メリット


歯科用CTには以下のようなたくさんの特徴・メリットがあります。


1.患部を立体的に撮影できます

歯科用CTの最大の特徴は患部を立体的(縦・横・奥行き)に撮影できる点です。


レントゲンを用いた従来の歯科治療では縦と横の平面的な画像しか得られず、奥行きの情報は歯科医師の勘と経験に基づく推測に頼らざるを得ませんでした。


歯科用CTは縦・横に加えて患部の奥行きも映し出せます。これまで推測するしかなかった奥行きの情報を立体画像で得ることで患部の状態を詳細に確認でき、歯科治療の安全性・正確性を高められます。


2.顎の骨の中を通る神経や血管の位置を映し出せます

歯科用CTは顎の骨の中を通る神経や血管の位置を詳細に映し出せます。


治療前の精密検査で歯科用CTを用いて神経や血管の位置を把握しておくことで、抜歯(特に親知らずの抜歯)やインプラントなどの治療中に神経や血管を傷つけてしまう事故が起きるリスクを減らせます。


3.治療前のシミュレーションの材料になります

歯科用CTは撮影した画像データをデジタル化して保存できます。


インプラントや矯正などの難しい歯科治療を始める前に、CTで得られたデジタルデータを基に綿密なシミュレーションを行うことで治療の安全性・正確性を高められます。


4.骨密度を計測できます

歯科用CTは骨密度も計測できます。


インプラントや矯正では、患者様の顎の骨量が十分に足りていることが前提条件となります。治療前に歯科用CTを用いて顎の骨の骨密度を計測することで、インプラントや矯正を行えるかどうかの判断に役立ちます。


■歯科用CTが用いられる歯科治療の種類


・インプラント

インプラント治療ではネジのような形をしたフィクスチャーを顎の骨に埋め入れ、人工の歯根を作ります。より安全に手術を行い、正確な位置にフィクスチャーを埋め入れるためには治療前のシミュレーションが欠かせません。


CT検査で得られたデジタルデータを基に綿密なシミュレーションを行うことでフィクスチャーの埋め入れ精度を高められます。また、CT画像により顎の骨の中を通る神経や血管の位置を詳細に把握しておくことで、手術時に神経や血管を傷つけてしまう事故が起きるリスクを低減できます。


CTを用いた骨密度の計測により、インプラント治療を適応できるかどうかの判断にも役立ちます。


・矯正治療

矯正治療ではマウスピースやワイヤー(ブラケット)装置で力をかけ、顎の骨の代謝(吸収と造骨)を利用して歯を動かし、歯並びを整えていきます。


歯の形や歯並び、顎の形など、CTで得られたデータを基に、矯正開始前に綿密なシミュレーションを行うことで患者様1人ひとりに合った適切な治療計画の立案につながります。


CTを用いた骨密度の計測により、矯正治療を適応できるかどうかの判断にも役立ちます。


・根管治療(C3以上の重度のむし歯治療)

根管治療で細菌の取り残しを防ぐためには、複雑な形状をした根管の状態を詳細に把握し、精密な治療を行う必要があります。


歯科用CTの使用により、縦・横に加えて従来のレントゲンでは確認できなかった根管の奥行きの情報を得ることができ、根管治療の精密性を高められます。


・歯周病治療

歯周病が中程度~重度になると歯を支えている顎の骨(歯槽骨)が溶け、歯がグラグラになることがあります。


歯周病治療の際に歯科用CTを用いることで顎の骨の状態を確認でき、病気の進行度の把握に役立ちます。また、歯周組織の再生治療を行った後にどれだけ顎の骨が回復したかを詳細な立体画像で見ることができ、治療の成果を確かめられます。


・親知らずの抜歯

親知らずはほかの歯と比べて歯根が長かったり、曲がって生えている、歯が埋まっているケースがあります。安全に抜歯を行うためには親知らずの状態を詳細に確認しておくことが重要です。


親知らずの抜歯で歯科用CTを用いることで歯根や歯の形状、顎の骨の中を通る神経や血管の位置を詳細な立体画像で確認でき、抜歯処置の安全性・正確性を高められます。


【さまざまなリスクを想定し、早期発見・早期治療につなげることが大切】


インプラント、矯正、むし歯・歯周病治療、親知らずの抜歯など、歯科治療では起こり得るさまざまなリスクを想定し、早期発見・早期治療につなげることが大切です。


起こり得るリスクを想定するためには、歯科用CTを用いた精密検査が欠かせません。


歯科用CTを用い、患者様ごとに異なる歯の形や歯並び、顎の形、神経や血管の位置を確認することで治療中・治療後に起こり得るリスクを精密に想定(シミュレーション)でき、歯科治療の安全性・正確性を高められます。


京橋オレンジ歯科クリニックでは歯科用CTをはじめ、マイクロスコープや口腔内スキャナー(iTero)などの各種精密機器を用いて歯科治療を行っています。


歯のお困りごとがある方、インプラント・矯正の治療院選びでお悩みの方は当院までお気軽にご相談ください。


京橋オレンジ歯科クリニック
歯科医師


⇒院長の経歴はこちら